2月 132014
 

macbookpro2010mid_ssd_DiskSpeedTest
ここ数年はすっかりヘッドフォン・イヤフォンスパイラルに陥ってしまいまして、手持ちの数が増えてきました。備忘録もかねまして、個人的な思い出を残しておこうかなと思います (レビューではないです)。

僕がはじめて買った高級ヘッドフォンが SENNHEISER の HD580 です。
買った時期は覚えていないです (おそらく 2006 年か 2007 年だと思うのだけれど……)。今から振り返ると、とてもコストパフォーマンスに優れるヘッドフォンなのですが、当時の僕としては勇気のいるお買い物でした。いくらで買ったっけなぁ……。
インピーダンスが高く (300Ω)、PC に接続している DAC では音量がとれないということはネットで読んでいたので、一緒に適当なヘッドフォンアンプも購入しました。そのとき購入したヘッドフォンアンプは捨ててしまっていて、何だったかは覚えていません。赤いやつでした。

使ってみた感想ですが、なんと言っても装着感がすばらしいの一言です。そのせいか音質も心地よく感じました。
いや、実際の音質も心地よい傾向だったと思います。心地よいというのは、高音よりも低音寄りで、とがった感じがなかったからだと思います。ボーカルなんかも変に前に出てこなくて、音の立体感が感じられました。きっとクラシックやジャズなんかに合うんでしょうね。当時はクラシックやジャズには興味がなかったですのでわかりませんけど……。
僕が好んで聴く音楽は、テクノやエレクトロニカなのですが、これらにはあまり向いてなかったと振り返って思います。。そのせいでしょうか、HD580 の次に買ったヘッドフォンは ULTRASONE の DJ1PRO なのですが、これについては別記事で書きたいと思います。まぁいずれにせよ、HD580 購入当時は全然満足していた訳ですけどね。また、HD580 の装着感の印象がひときわ強いためか、今でもヘッドフォンを選ぶ基準として装着感の良さが大きなウェイトを占めています。
女性ボーカルも良かったです。艶っぽいと言うんでしょうか。中音域から低音にかけての絶妙なバランスがそう感じさせるのだと思っています。

ですので数年は HD580 で満足していました。しかし、寝ホンとして使っていたときにヘッドバンドを折ってしまいまして、次なるヘッドフォンを購入する必要が生じたのですが、このあたりからヘッドフォンスパイラルに突入しました。このあたりの話は DJ1PRO の記事で書きたいと思います。

それにしても、今は割と気楽にヘッドフォンを買っちゃうのですが、ヨドバシカメラでさんざん悩んで買っていたあの頃が懐かしいですね……。